紀州備長炭の効果・使い方

紀州備長炭

紀州備長炭の歴史

和歌山県は、平安時代から炭の産地として有名であり、紀州備長炭が完成されたのは江戸元禄時代と言われています。備長炭の名前の由来は当時紀州田辺に炭問屋を経営していた備中屋長左衛門という商人が、商品を炭に「備長炭」と名付けて販売したのがはじまりとされています。その後、紀州から四国や九州に製炭技術が伝えられていきました。

白炭

備長炭は白炭です。白炭とは製炭の過程で、ほぼ焼き上がり炭化した炭を1,000℃以上の高温の中で精錬します。また、灰と土を混ぜた消粉とよばれる灰をかけてゆっくりと炭を消火します。炭の表面に灰がついて白くなることから「白炭」と呼ばれています。出来上がりは堅くしまり、より堅いほど良質とされており、燃焼時間が長いのが特徴です。白炭を焼く技術は大変難しいため備長炭が貴重とされています。


一方、黒炭は主な原木としてナラ、カシ、クヌギ等を400℃~700℃で焼き、窯を密閉して消火します。表面は黒く、軟らかで火付きが良い。また火がつくと高温になり短時間で燃焼します。


和歌山の窯元直送「紀州備長炭」のご購入はこちらから

紀州備長炭のご注文はこちら

紀州備長炭とは

紀州備長炭は、和歌山県の日高川町、みなべ町、田辺市を中心として年間約1100トン(2013年)が生産されており、白炭の生産量日本一を誇ります。1989年には2500トン以上の生産量がありましたが、現在は原材料不足と製炭者の高齢化で生産量が減っており、年々希少価値が高まっています。

紀州備長炭とは

紀州備長炭とは2006年に和歌山県木炭協同組合の地域団体商標になります。その定義は、白炭のうち、ウバメガシ(カシ類を含む)を炭化したものであること。固定炭素が90%以上、精錬度(炭化の度合いのこと。値が低いほど炭素の純度が高い。)が0~2度(炭化温度が800~900度以上。)であること。または、県無形民俗文化財の指定を受けている製炭技術によって製造されたものであって、ウバメガシを主体とするカシ類の天然木を原料として県内で製炭される白炭であること、とされています。

紀州備長炭の原木「ウバメガシ」

ウバメガシはブナ科コナラ属の木で、主に太平洋側の温かい海岸近くの山地に多く生えるカシ(樫)の仲間です。和歌山県の木にも指定されており、紀伊半島南部の低山の斜面に育成されています。葉の形が馬の目に似ていることが名前の由来とされています。

ウバメガシ

備長炭の原木となるには20年~30年が必要なため、生育が追いつかず、原木不足の深刻化が、紀州備長炭が貴重な要因にもなっています。

ウバメガシ

木質は硬く、建築や木工製品の材料には不向きですが、伝統製法で焼くと堅くしまった火持ちの良く品質の高い白炭が出来上がります。

紀州備長炭ができるまで

木の伐採

【木の伐採と下準備】
原木の伐り出し作業は、製炭者自らが行います。樹齢20~40年程度のウバメガシを山の環境に配慮しながら択伐を行っています。切ってきた原木は自然な曲がりがあるため、できる限りまっすぐになるように1本1本、丁寧に形を整えていきます。この作業が形の良い備長炭の出来を左右します。

窯入れ・口焚き

【窯入れ・口焚き】
職人によっても違いはありますが、製炭は約15~20日程度かけてじっくりと丁寧におこないます。原木を窯の奥から詰め、入り口を土で塞ぎます。窯口で火を焚き(口焚き)木の水分を飛ばしていきます。職人は匂いや煙の色で窯の中の状態を判断しながら、火を調節していきます。

精錬・窯出し・消火

【精錬・窯出し・消火】
1000度にもなる最終の精錬工程(ネラシ)を経て窯から出し(窯出し)、灰をかけてゆっくりと冷やします。紀州備長炭は熟練の技術が伴って完成されるのです。出来上がった際に表面が白くなるのは消火の際に消し粉が付着するためです。色が白いほど品質の高い良い炭とされています。

伝統技術で作られ、しっかりと焼き締まった備長炭は一度火が付くと安定した火力で長時間燃え続けます。プロの料理人が紀州備長炭を使う理由はこの安定感なのです。

紀州備長炭 完成

紀州備長炭の用途別の使い方と効果

調理・燃料(火力)

調理・燃料

紀州備長炭は扇ぐと1,000度にもなる「強火の遠火」が最大の特徴です。遠赤外線の効果で短時間で食材に火が通ります。表面はパリッと焦げ目がつき、食材の旨みをギュッと中に閉じ込めます。備長炭で焼くことで、食材の味を活かすことができるがプロの料理人が紀州備長炭使う理由です。また、長時間の火持ちと火力の安定性は抜群で、煙が少なく匂いも少ないのも特徴です。ご家庭でBBQ等で利用する場合は、一人1kgを目安に利用ください。


→ ご家庭向け燃料用の紀州備長炭のご購入はこちら

→ 業務用15kg入り燃料用の紀州備長炭のご購入はこちら

浄水

浄水

水1リットルに対して5~10cmに小さくカットした備長炭2本程度を入れて12時間以上おくと浄水することができます。備長炭の表面には、無数の小さな穴があり、水道水のカルキ臭を吸着します。また備長炭に含まれるミネラル分が溶け出し、まろやかな水となります。飲料水や調理水として利用できます。使用前に備長炭をたわし等で良く洗い、煮沸消毒してからご利用ください。


→ 浄水用の紀州備長炭のご購入はこちら

炊飯

炊飯

ご飯を炊く際に、備長炭を一緒に入れて炊くと、備長炭の遠赤外線効果によりお米の芯からふっくらおいしく炊き上げます。備長炭に含まれるミネラル分が溶け出し、ふっくら艶やかに。もちろん水を浄化する作用もありますので、水道水のカルキ臭を吸着し、ご飯をおいしく炊き上げることができます。使用前に備長炭をたわし等で良く洗い、煮沸消毒してからご利用ください。


→ 炊飯用の紀州備長炭のご購入はこちら

お風呂

お風呂用

良く洗った備長炭(目安:1kg)を目の細かいネットや巾着袋に入れて浴槽に入れて使用します。遠赤外線効果で体がぽかぽかに。また備長炭の表面には、無数の小さな穴があり、水に含まれる塩素等の物質を吸着する効果があります。また、水の分子を細かくし、湯あたりもやわらかにしてくれます。入浴する30分前くらい(溜めはじめから)に浴槽に入れておくと良いでしょう。※入浴剤を使用する場合は備長炭を取り出してから入れてください。


→ お風呂用の紀州備長炭のご購入はこちら

消臭・調湿

消臭

備長炭には消臭効果があります。表面に開いている無数の穴に空気中の匂いを吸着します。また、空気中の湿度の調整もしてくれます。消臭としては下駄箱やクローゼット、冷蔵庫などに入れて利用します。消臭、調湿には相当量の備長炭が必要となります。浄水用などで使い終わった炭を床下に敷くなどして調湿や消臭用として利用すると良いでしょう。下駄箱では500g程度がご利用の目安です。


→ 消臭・調湿用の紀州備長炭のご購入はこちら

インテリア・オブジェ

オブジェ

お部屋のインテリアとして、気品が高く落ち着いた空間を演出してくれます。また、インテリアとしてだけでなく、置き炭としての機能性も兼ね備えています。備長炭の表面には無数の小さな穴があり、空気がその間を通ることで消臭などの効果を発揮いたします。玄関やリビング、オフィスなど、場所やシチュエーションを問いません。


→ インテリア・オブジェ用の紀州備長炭のご購入はこちら

園芸

園芸

備長炭には細かな穴が無数にあり、通水性、通気性がよく、保水力もありますので、植物の根ぐされを防いだり、水やりの回数を減らすことができます。また、備長炭にはミネラル分も含まれるため、土壌のミネラル補給にも役立ちます。


→ 園芸用の紀州備長炭(粉末)のご購入はこちら

虫除け・園芸(木酢液)

木酢液

紀州備長炭を焼く過程で出た煙を冷却して採取し、1年以上熟成させ、上層の油膜と下層の沈降した部分をできるだけ除いたものが木酢液です。主成分は酢酸で、その他200種以上の天然有機成分が含まれているといわれています。園芸用として病害虫などの防除。または、脱臭、消臭に。または忌避剤として犬や猫、ムカデなどに効果があります。


→ 木酢液のご購入はこちら

備長炭電池

備長炭電池

紀州備長炭の電気を通す特性と酸素を含む特性を利用し、アルミホイルと食塩水で備長炭電池として実験にも利用されています。学校での理科実験や夏休み等の工作にもおすすめです。


→ 備長炭電池向けの炭のご購入はこちら

ぬか床・黒にんにくの消臭に

ぬか漬け 黒にんにく

備長炭にはぬか床の雑菌の繁殖を抑える働きがあり、カビの繁殖を抑えることができます。また酸味も抑えられ、口当たりがまろやかになります。その他、黒にんにくを作る際に炊飯器に一緒に入れておくだけでにんにくの強い臭いを一定程度消臭する効果もあります。


→ ぬか床用の炭のご購入はこちら

紀州備長炭のお手入れ方法・寿命(取り換え時期)について

備長炭の寿命は使い方によって大きく変わります。また、その効果によって持続する期間が変わります。


【燃焼時間・火持ち】
備長炭の品質や利用環境に大きく左右されますが、5時間程度は火力が持続します。短時間の利用のあと、火消しつぼで消けば(消し炭)再利用が可能です。


【ミネラル分】
浄水、炊飯、お風呂に入れる、など使い方によって差はありますが、ミネラル効果は1ヶ月程度持続します。


【吸着効果】
浄水目的で使われる場合は、10日に一度は10分ほど煮沸し、備長炭に溜まった汚れを落とします。お手入れをしてあげれば、浄水効果は3ヶ月~持続します。


【遠赤外線】
備長炭が持つ性質ですので、基本的には半永久的に持続します。


【マイナスイオン】
備長炭が持つ性質ですので、基本的には半永久的に持続します。


【湿度調整・消臭】
かなり長期間(数年)効果が持続しますが、効果は徐々に効果は薄れていきます。浄水用途として使い終わった備長炭を、お部屋やクローゼット、トイレ、下駄箱等に置いて再利用することで、余すことなく使うことができます。半年に1回程度、10分ほど煮沸し天日干しをしてお手入れします。


【再利用について】
備長炭は、調湿、消臭として最終利用できるほか、利用中に割れてしまったものや、使い終わったものを細かく砕いて、園芸用として利用が可能です。プランター等の土の中に備長炭を混ぜることで、微生物の共生や、栄養分、水などをバランス良く植物に供給してくれる、土壌改良材として使うことができます。

備長炭の使用上の注意

  • 燃料用の炭であっても、お風呂などに入れて利用することは可能ですが、煮沸消毒(約10分)した後、タワシ等でしっかりと洗ってからお使いください。
  • 一度でも水に浸けた備長炭は燃料用として利用することはできません。火をつけようとすると大変危険ですので絶対にお止めください。

紀州備長炭のご注文はこちら